箱庭療法ワークショップ

2017/03/26(日)
10:00~17:00
就労移行支援事業所ルーツ
7,000円
メンタルサービスセンター

セミナー詳細情報

「箱庭療法」という言葉は、多くの方にとって耳にしたり、目にしたりしたことがあるかと思います。「箱庭療法」は、1950年代にスイスの心理療法家D.カルフが創始し、1965年に河合隼雄氏により日本に紹介された心理療法です。ユング派の理論を基に発達してきた技法ですが、日本では、ユング派ではない方にも相談室などで使われてきました。
このワークショップは、通常行われている箱庭体験と違って、箱庭を作るだけでは終わりません。箱庭を作った後、講師・草柳和之氏が、箱庭制作を体験した人と丁寧で洗練された対話を重ねながら、五感が開かれていき、製作者にとって「何のためにこのような表現をしたか」という意図に気づき、自然な洞察へと開かれていきます。このような作品表現を基にした対話や、時にワークを行うことによって、内的プロセスを促進し、素晴らしく心揺さぶる体験に発展していきます。
この箱庭療法ワークショップは、NLP・ゲシュタルト療法・サイコドラマなどの要素も統合的に活用されますので、各種心理療法を学んでいる方にもお勧めです。


○日時
2017年3月26日(日)10:00~17:00


○参加費
7,000円(事前振り込み)

○定員
20名(先着順)


○会場
就労移行支援事業所ルーツ:新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
(東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅7分)


○講師
草柳 和之(大東文化大学非常勤講師/日本カウンセリング学会認定カウンセラー)
長年、箱庭療法では、(社)日本産業カウンセラー協会を中心に研修やワークショップを担当し、好評を得てきた。近年は虐待・DVの分野の臨床に力を尽くし、特にDV加害者更生プログラムの領域では、日本の第一人者である。


○主催
メンタルサービスセンター
http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/
〒176-8799 練馬郵便局留/Tel.03-3993-6147
※電話でご連絡ののち、参加費の振り込みをお願いします。
振込先 [みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之] 

詳細・お申し込み