東京加害者臨床研究会 第15回例会

2017/11/18(土)
14:00~17:00
大東文化会館(東武練馬)
3,000 円(初回参加の方 2,000 円)
東京加害者臨床研究会

セミナー詳細情報

DV防止法の施行以後、精神科クリニックや相談室に来所するDV加害者が増えており、加害者の心理療法の方法論に関する研修の必要性が高まっています。しかし、加害者は言い訳や自分の考えの正当化などにより変化しにくく、臨床家にとって独特な困難を感じさせます。
心理相談機関"メンタルサービスセンター"では、その代表・草柳和之が創案し体系化した、加害者の変化を促す有効なアプローチを、2001年 5 月より『DV 加害者心理療法研修会(二日間)』を通して提供してきました。この研修会は毎回好評を得ており、参加者からより発展した研修の要望が寄せられてきたため、2014年5月、この分野に関心ある臨床家が集まり自主運営の研究会を立ち上げました。
本研究会の活動によって、日本の臨床家が加害者に対して効果的な面接ができるような"臨床力"の底上げに貢献していきたいと考えています。関心のある方のご参加をお待ちしております。


【例会内容予定】
・加害者の心理療法の理論の基礎をレクチャー、講師による面接の実演、スキルトレーニングを実施する。
・参加者から加害者ケースを報告いただき、困難を感じた面接場面にしぼって、講師による解説とデモンストレーションを行う。(長期の面接経過は極力取り扱わず、個人情報は最小限にする)


○日時
2017年11月18日(土)14:00~17:00 (終了後、懇親会)

○講 師
草柳和之(大東文化大学非常勤講師)

○参加費
3,000 円(初回参加の方 2,000 円)

○会場
大東文化会館 (東武東上線東武練馬駅1分):板橋区徳丸 2-4-21
案内図= http://www.daito.ac.jp/file/block_49513_01.pdf

○申込み・予約
[東京加害者臨床研究会世話人]
健康科学大学 健康科学部 福祉心理学科 専任講師
鈴木真吾 shsuzuki@kenkoudai.ac.jp
Tel.0555-83-5287(直通)

○詳細
メンタルサービスセンター HP
http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/